トラックマンジョブ|トラックドライバーってどんな仕事?

街中で毎日見かけるたくさんのトラック達。『でも、道路を走る以外にどんなことをしているの?』ドライバーの仕事内容っていまいちよく分からないですよね。
そこでここでは、職種ごとに主な仕事内容をご紹介。必要な免許もチェックできます。
トラックドライバーの仕事内容を理解して、自分に合った仕事探しに役立てよう!

大型トラックドライバー

◆仕事内容◆
依頼を受けた指定の荷物を、荷揚げ場所から荷卸し場所まで配送する仕事です。 長距離を走る事が多く、トラックの中で睡眠をとることもしばしば。多少の体力と経験が必要な職種ですが、人間関係のわずらわしさなどが無く、長時間ひとりで運転が出来る事から、ストレスの少ない仕事と感じる人も多いようです。

◆勤務形態◆
運送会社の正社員や契約社員として働く場合と、運送会社の下請けとして委託で働く場合に分かれます。正社員の場合、配送車は会社所有の車両を使用する場合が多く、固定の月給にプラスして、取引先の件数などに応じた出来高報酬が貰える場合があります。委託の場合は出来高による歩合制がほとんどで、扱った件数に応じて契約している運送会社から報酬が支払われます(報酬には、ガソリン代などの必要経費も考慮されています)。ただし、車は持ち込みである事が多く、メンテナンス費用は自己負担のケースが多いようです。

◆必要な免許◆
大型自動車免許(11t以上)

中型トラックドライバー

◆仕事内容◆
主要都市にある集配所や荷揚げ・荷卸し場所へ、依頼の荷物を運ぶのが主な仕事です。フォークリフト免許も所持している場合は、荷物の揚げ卸しを兼任する場合もあります。基本的には、日帰りできる距離での仕事が多いようです。

◆勤務形態◆
運送会社の正社員として働く場合、人材派遣会社に所属し、希望の労働条件を選んで派遣社員として働く場合、運送会社と専属契約を交わし自分で所有しているトラックで働く場合など、雇用形態は様々です。所属する運送会社や取引先の営業時間によって勤務時間も異なります。それだけに、様々なニーズがある職種とも言えるでしょう。

◆必要な免許◆
中型自動車免許(5t以上11t未満)

小型トラックドライバー(2t、3t)

◆仕事内容◆
国内大手の運送会社が必ず参入している人気の職種です。普通免許で運転できるトラックの中でも、積載可重量の豊富さから大量の荷物を指定のルートへ配送する業務が多くあります。集配所から集配所へのルート配送、宅配業務など、所属する運送会社によって業務内容は異なります。大型・中型トラックで主要な都市から配送された荷物を、その都市から各エリアへの分配するのも小型トラックの主な仕事です。
未経験者(普通自動車の運転経験しかない人)が大きなトラックを操るには、ある程度時間と慣れが必要なので、初めはドライバー補佐として仕事内容やルートを覚えてから一人立ちする流れが普通のようです。

◆勤務形態◆
大きく分けて、各運送会社の正社員として勤務する場合と、人材派遣会社に登録して派遣社員として勤務する場合の2つのパターンがあります。 勤務時間は取引先の営業時間により異なり、大多数の企業の勤務時間にあわせ9時〜19時頃までの勤務が多いようです。

◆必要な免許◆
普通自動車免許

軽貨物配送ドライバー

◆仕事内容◆
軽貨物配送ドライバーと同様、配送依頼に応じて指定の場所へ較的軽い荷物(小包や封筒)などを届け、集荷依頼に応じて荷物を引き取りに行くお仕事です。営業エリアも決まっています。ただし、宅配で扱える荷物の大きさは≪3辺合計が180cm以内で、重量が30kg≫と決まっているので、女性や高齢者ドライバーも多いのが特徴です。
小包や封筒など通常の荷物以外に、スキー場やゴルフ場へスポーツ用品を事前に送るサービスや、生鮮食品(クール便)なども宅配業務として扱っています。

◆勤務形態◆
例外を除き、朝9時頃から夕方の5〜6時がコアタイム。その日に運ぶ荷物の数があらかじめ決まっていて、それを配りきるのが最低限のノルマになる事が多いようです。勤務時間内(通常8時間)に全ての荷物を運べない場合は、残業になることが多く、休日は月に平均6日程度をローテーションで取る場合がほとんどです。

◆必要な免許◆
普通自動車免許

宅配ドライバー

◆仕事内容◆
所属している運送会社や集配所から、依頼に応じて指定の場所(会社のオフィスや個人宅など)に比較的軽い荷物(小包や封筒)などを届けるお仕事です。
お客様から集荷希望があれば、オフィスや個人宅に荷物を引き取りに行くこともあります。基本的には、決まった営業エリア内で、毎日同じようなルートを担当します。
最近ではサービスの幅が大きく広がり、コンビニへのルート配送や、大手デパートやスーパーのネットショッピングに対応し、生鮮食品の即日配送サービスを行うなど、所属する会社によって取扱う荷物は多様化してきています。

◆勤務形態◆
運送会社の正社員や契約社員として働く場合と、運送会社の下請けとして自営で働く場合に分かれます。
正社員の場合は、固定の月給にプラスして、取引先の件数などに応じた出来高報酬が貰える場合があります。車両は、会社所有のものを使用する場合がほとんどです。
自営の場合は出来高による歩合制がほとんどで、扱った件数に応じて契約している運送会社から報酬が支払われます(報酬には、ガソリン代などの必要経費も考慮されています)。ただし、車は持ち込みである事が多く、メンテナンス費用は自己負担のケースが多いようです。

◆必要な免許◆
普通自動車免許

トレーラー(牽引)ドライバー

◆仕事内容◆
トレーラーとは牽引貨物自動車のことで、トラクター(頭の運転席部分)とトレーラー(荷台)が分離出来る構造になっています。車両の形状が、コンテナ、タンクローリー、キャリアカー、ダンプトレーラーなど様々あり、重たく大量の荷物を積んで、長距離を移動することが多いようです。

◆勤務形態◆
正社員として運送会社に所属している専属ドライバーと、必要に応じてその都度仕事の依頼を受ける契約ドライバーに分かれます。ETCの導入に伴い深夜の高速料金が安くなることから、経費削減の為、夜中に走る場合が多くあります。走行距離も長い場合が多いので、何よりも安全運転第一で、休憩や睡眠時間も適正に取れるタイムスケジュールと、勤務ローテンションが採用されています。

◆必要な免許◆
大型自動車免許(11t以上)
牽(けん)引免許